MENU

1年の穢れを払う日本の伝統行事-五節句-

五節句の「節」とは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことです。
暦の中で奇数の重なる日(3月3日、5月5日など)を取り出し、季節の旬の植物から生命力をもらい、邪気を祓うという目的から始まりました。

1月7日 七草の節句 ■羽子板(女の子のお守りとして) ■破魔弓(男の子のお守りとして)お正月は、古来日本の習慣で、男の子には破魔弓を女の子には羽子板を飾り、災いを除け健やかな成長を願います。 (ほかに和凧・独楽・突く羽子板・追羽根・弓獅子・ダルマ・干支など正月用品も色々) お正月最後のこの日は、一春の訪れを予感させる若菜を粥に仕立てて食べ、1年の豊作と無病息災を祈ります。

人日(じんじつ)

1月7日 七草の節句
■羽子板(女の子のお守りとして)
■破魔弓(男の子のお守りとして)

お正月は、古来日本の習慣で、男の子には破魔弓を女の子には羽子板を飾り、災いを除け健やかな成長を願います。
(ほかに和凧・独楽・突く羽子板・追羽根・弓獅子・ダルマ・干支など正月用品も色々)
お正月最後のこの日は、一春の訪れを予感させる若菜を粥に仕立てて食べ、1年の豊作と無病息災を祈ります。

3月3日 桃の節句 ■ひな人形桃が咲く時期と重なることから「桃の節句」とも言われ、流れる水にわが身の厄を流す中国の風習と、人形(ひとがた)をわが身に代えて祓いとする日本古来の風習が融け合い、やがて日本ならではのひな祭りが生まれました。 緑屋では、豪華7段飾りからコンパクト型雛人形まで取り揃えております。 他にも、真多呂人形(木目込)・市松人形・吊るし雛・雛小物などもご用意しております。

上巳(じょうし)

3月3日 桃の節句
■ひな人形

桃が咲く時期と重なることから「桃の節句」とも言われ、流れる水にわが身の厄を流す中国の風習と、人形(ひとがた)をわが身に代えて祓いとする日本古来の風習が融け合い、やがて日本ならではのひな祭りが生まれました。
緑屋では、豪華7段飾りからコンパクト型雛人形まで取り揃えております。
他にも、真多呂人形(木目込)・市松人形・吊るし雛・雛小物などもご用意しております。

5月5日 菖蒲の節句 ■五月人形(鎧飾り・兜飾り・武者人形・木目込み人形) ■鯉のぼり(ベランダセット・スタンドセットもあります) ■武者のぼり(両家の家紋が入ります)端午の節句は「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも言います。 植物の菖蒲(しょうぶ)を活用して季節の変わり目を健康に過ごすための節句が、江戸時代以降、男子の成長を祝う節句になりました。

端午(たんご)

5月5日 菖蒲の節句
■五月人形(鎧飾り・兜飾り・武者人形・木目込み人形)
■鯉のぼり(ベランダセット・スタンドセットもあります)
■武者のぼり(両家の家紋が入ります)

端午の節句は「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも言います。
植物の菖蒲(しょうぶ)を活用して季節の変わり目を健康に過ごすための節句が、江戸時代以降、男子の成長を祝う節句になりました。

7月7日 七夕の節句 ■松本七夕人形松本の七夕人形とは、おひな様や5月人形と同じように、健やかな成長を願って贈られる男女1対の吊るし人形です。 木製と和紙製があります。 お供のカータリー人形も一緒にお飾りください。

七夕(たなばた)

7月7日 七夕の節句
■松本七夕人形

松本の七夕人形とは、おひな様や5月人形と同じように、健やかな成長を願って贈られる男女1対の吊るし人形です。
木製と和紙製があります。
お供のカータリー人形も一緒にお飾りください。

9月9日 菊の節句昔、宮中では菊酒(菊の花びらを浮かべたお酒)を呑み、長寿を願ったといわれています。 緑屋ではこの時期ならではの展示として、五節句全てをコンパクトに展示し、日本の伝統と文化のかたりべをさせていただいております。

重陽(ちょうよう)

9月9日 菊の節句

昔、宮中では菊酒(菊の花びらを浮かべたお酒)を呑み、長寿を願ったといわれています。
緑屋ではこの時期ならではの展示として、五節句全てをコンパクトに展示し、日本の伝統と文化のかたりべをさせていただいております。